読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を自らドライブするために。

【休職中】大手SIerで働く社会人。勉強と趣味とライフログを兼ねて当ブログを運営しています。興味の幅広め。「自分の人生、自分でドライブしよう。」

 

【書評】松下幸之助 夢を育てる―私の履歴書

本書はパナソニック株式会社(旧松下電器株式会社)の創業者である松下幸之助氏の幼少期から会社設立、相談役に退くまでを描いた自伝で、日本経済新聞の「私の履歴書」をまとめた本になっています。

【書評】Quiet 内向型人間の時代【スーザン・ケイン】

心のついて考える。 たまたま本屋で目についた一冊。 内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力 posted with ヨメレバ スーザン・ケイン 講談社 2013-05-14 Amazon Kindle 楽天ブックス ピンっと来るものがあったので購入して読み始めました。だいぶ時間を…

【書評】職業は武装解除【瀬谷ルミ子】

「武装解除」という職業をどれだけの人間が知っているでしょうか。最初にこのタイトルを見た時は何かの比喩表現かと思いました。しかし、世界各地の紛争地帯で武装解除を仕事としている人々が存在するのです。本書は日本でも数少ない武装解除の専門家「瀬谷…

大人も普通に読みたい!ヨシタケシンスケさんの発想絵本

1万部売れればヒットと言われる絵本業界で、10万部を超えるヒット作品を生み出す「ヨシタケシンスケさん」をご存知ですか?ユニークな発想で生み出されるその絵本は、子供だけでなく大人も十分に楽しめる本だと思い、紹介させて頂きます。

読書の最強の価値は本の中身ではないかもしれない。

本の中身だけが価値ではない 読書から得られる価値は計り知れません。 その道の専門家や偉人の知識・知恵を体系的に学ぶ事ができ、それを直接自分の力にする事ができます。いま自分が困っている事があって具体的に何をすれば良いか、どう行動を起こせば良い…

チョコバナナと意思決定メカニズム

チョコバナナと意思決定メカニズムの関係 お祭りなどの屋台で定番のものと言えばなんでしょう。 たこ焼き、焼きそば、りんご飴・・・・。 どれもそうですが、一番はチョコバナナです。

【書評】AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

話題のAIを知るには良い本 AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書) posted with ヨメレバ 小林 雅一 講談社 2015-03-19 Amazon Kindle 楽天ブックス 話題のAIについて十分な情報を与えてくれる良書でした。AIの過去から現在まで研究がどう進んでき…

【書評】カモメになったペンギン【組織変革】【ジョン・コッター】

45分で読めるペンギンの物語、そこには・・

【書評】入社1年目から差がついていた!行動が早い人の仕事と生活の習慣

一流のビジネスマンになればなるほど、「行動が早い人」を高く評価するようになる。仕事をする上ではストレスなく仕事ができた方が良いに決まっていますよね。行動が早い人とはストレスなく仕事ができる為、その分評価も上がるのは当然です。本書では「行動…

Kindle Paperwhiteを買ったら読書生活が激変しそう。

気になってはいたものの手を出さなかった、けど・・・