人生を自らドライブするために。

【休職中】大手SIerで働く社会人。勉強と趣味とライフログを兼ねて当ブログを運営しています。興味の幅広め。「自分の人生、自分でドライブしよう。」

 

奇跡のような出来事をふと思い出した。

音符

奇跡的な体験ってありますか?

第六感みたいに「〜な気がしたら実際に起きた。」とかではなく、もっと圧倒的な事実・出来事としてです。

奇跡って言う位だからほぼ起こりませんが、私には「あれは奇跡だわっ」っていう出来事が1つだけあります。奇跡的な出来事を語れ、と言われたらこれを話そうと思っています。

----

あれは中学一年生のとき。

学校を出て家に帰る為に駅のホームで電車を待っていました。

当時、私は行き帰り1人の時はMDプレーヤーで音楽を聴くのが習慣でした。

すると、同じクラスの友達が階段を駆け下りてきました。その友達も音楽を聴いています。

 

目が合って言葉を交わす事もなくおもむろに相手の耳に掛かっているイヤホンの片方を外して、自分に付けようとしました。

すると相手も全く同じ行動を取ります。(まぁ変なノリですね。)

自分のイヤホンが片耳についたまま、相手のイヤホンをもう片方に付ける。

しかし、相手が聴いてる音楽が聞こえてきません。

流れてるのは私が聴いてる世界に一つだけの花のみ。

 

こっちが変な顔をしてると向こうも同じ顔をしてます。

「なんも流れてなくね?」
「いやそっちも流れてないよ?」

一旦外してもう一度付け直します。そして今度は自分のを外して相手のだけ聴いてみました。

 

はっきりと、世界に一つだけの花が聞こえてきました。

そう、全く同じタイミングで世界に一つだけの花を2人共聴いていたのです。

そこから付けては外しの繰り返し。寸分の狂いもなく同じ歌が流れてきます。
さすがに次の曲は違いましたが。

 

当時、世界に一つだけの花が大ヒットしてたとはいえ物凄い奇跡。

その時は「やべぇな!」位で盛り上がってましたが、今考えるとホントにやべぇ。

 

人生でもう一度、奇跡的な体験してみたいもんです。できれば良い方向で。

以上、奇跡のような出来事でした。

では。

広告を非表示にする