読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を自らドライブするために。

【休職中】大手SIerで働く社会人。勉強と趣味とライフログを兼ねて当ブログを運営しています。興味の幅広め。「自分の人生、自分でドライブしよう。」

 

スマホにたまった写真を売ってみよう!スタート直後の『Snapmart(スナップマート)』をさっそく試したらすぐ売れた!

 

 f:id:ngshn99:20160603173250p:plain

 

スナップマートとは

スマホの写真が売買できるサイト | Snapmart [スナップマート]

スマホで撮った写真をフリマ感覚で売れる「Snapmart(スナップマート)」というiOSアプリがリリースされました。

スナップマートを使えば、自分のスマホのカメラロールにある写真を企業や個人向けに広告素材として1枚100円から販売することができます。既に5000人を超えるユーザが登録している様です。

1分で出品できるほど手軽で、出品写真が購入された場合、販売価格の50%~70%が自分の利益分として手に入る。出品価格と報酬は以下の通り。

一般ユーザ(本人確認なし):¥100(50%)
一般ユーザ(本人確認あり):¥100~¥750(50%)
プレミアムユーザ:¥100~¥1500(70%)

本人確認は免許証等を写真に撮って送れば完了。

プレミアユーザとは、スナップマートから「写真の質・量ともに上位1%以内に位置する」と認定されたユーザのことみたいです。現時点では具体的に誰が、何人くらい存在しているのかは不明です。

また、個人が特定できる人物(モデル)が写っている場合、モデルから「モデルリリース(肖像権使用承諾書)」を取得すると、販売価格に最大¥250(プレミアユーザは¥500)を上乗せする事ができる。

 

スナップマートの使い方

1.アプリを起動して「投稿」をタップ。

f:id:ngshn99:20160603131434j:image

2.「カメラロールから出品」をタップ。
f:id:ngshn99:20160603131439j:image

3.著作権・肖像権に関するルール」に同意。
f:id:ngshn99:20160603131451j:image

4.カメラロールにある出品したい写真を選択。
f:id:ngshn99:20160603131501j:image

5.人物確認やタグを設定して保存。
f:id:ngshn99:20160603131510j:image

以上!これで完了です。あとは売れるのを待つのみ。簡単ですね。

 

スナップマートで実際に売ってみた結果

使い方はいたって簡単でしたね。私も早速出品してみました!

カメラロールの中から14枚を選んで出品!その写真はiPhoneで撮ったもの(加工あり・なし)、一眼レフで撮ったものがあります。

出品してから数時間後…

まだ全然売れてません。アプリではなくてウェブサイトを何となく眺めていたところ、おや、「最近 購入された写真」の中に見覚えのある写真が。

なんと私の写真が3枚もその中に入っているではありませんか!しかし売上には一向に反映されてない。リリース直後だからバグってんのかな?と思い、問い合わせてみました。

すぐに返信がきて、調査するので少々お待ち下さい、とのとこ。その間に一枚(最近 購入された写真に載ってた写真)が購入されました!とアプリに通知がきました。残り2枚は未だ何も起こってません。どうやらバグかな。調査結果、改善を待ちたいと思います。

※上記の問題は問い合わせて結果無事に解決して頂きました!しっかりと売上が計上されたいます。

スナップマートの良い点・悪い点

良い点
・手軽さは半端ない。自分でいいなって思った写真ならInstagramやFBだけでなく、ここにひょいっとあげられる手軽さ。写真をお金にするってハードル高そうだけど、これはかなり下げている。
・軽いお小遣い稼ぎになり得る、かも。どれくらい売れていくのか不明ですが、始めてすぐに私は数枚売れたので、意外と小銭が稼げるかもしれません。
・肖像権問ルールなど、アップする毎、写真毎に鬱陶しいくらいに確認されるので、不適切な写真をあげてしまう事はなさそう。
 
悪い点
・アプリのバグが凄いある。ユーザ登録できない人が続出らしいです。入り口でバグってるってかなり致命的ですね笑 AppStoreでの評価もいまは1.3。登録できないんだったらそりゃそうだ。私はなぜかできました。しかし、Web版では私もログインできません。あと、複数アップで固まっちゃったり、後は上にも書きましたが売上が反映されない問題等。アプリの品質ってこんなもんでリリースしていいんだっけ?
・報酬が50%って少ない。プレミアユーザになれば70%で良いですが、個人的には少ないかなって思いました。まあがっつり稼ぐのはコンセプトとはちょっと違うと思うので良いのか。
 
まだまだ使い始めなのでこのくらいで。また気になる点があれば書いていきます。
 

まとめ

まだまだアプリとして改善点は多くありますが、サービスとしては良いと思います。
こんな写真どこに需要あんの?って感じの写真でも、もしかしたら企業や個人が買ってくれるかもしれない。ちなみに私の今日売れた写真もそんな写真でした。それがちょっとしたお小遣いになったらラッキーくらいの感覚で使用すればいいのではないでしょうか。
プロが撮った綺麗な写真よりも、素人が何気なく撮った日常の写真の方が需要があるパターンもあるのかな。いまのスマホは画質もいいし加工も容易だし、簡単にそれっぽい写真が撮れますからね。プロから高額で買わなくても、100円で買えるなら購入する側も嬉しいでしょう。
 
Instagramにあげる感覚でスナップマートにあげる時代が来るかもしれません!

では。

広告を非表示にする