読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を自らドライブするために。

【休職中】大手SIerで働く社会人。勉強と趣味とライフログを兼ねて当ブログを運営しています。興味の幅広め。「自分の人生、自分でドライブしよう。」

 

お風呂読書のすすめ

思考

f:id:ngshn99:20160421171020j:plain

読書、してますか

私は子供の頃からあまり読書をしない人間でした。読書の重要性は嫌というほど耳にしていましたが、どうしても文字を読むという行為が好きになれなかったんです。それでも大学生になった頃から「これではダメだ!読書しないなんて人として終わってる。」と自分に言い聞かして読む様になりました。小説もそれなりに好きになりましたが、ビジネス書・自己啓発本などがモチベーションアップに繋がって好んで読んでます。

今では読む場所やタイミングに合わせて2,3冊を同時に読み進めています。その中のひとつとしてお風呂で読書をしてるのですが、これがなかなか良い。今回は私のお風呂読書のやり方と、良かった点をまとめてみようと思います。

 

お風呂読書のやり方

・雑に扱って良い本を選ぶ。(ブックオフで買った100円本など)

・タオルを手に届く場所に配置しておく。私は汗を大量にかくので何回か頭まで浸かります。その際拭くために使用する。

・飲み物を用意する。水分補給は大事。

・暑くなったらお風呂場の扉を開けて涼む。

・今のところ落としちゃったことはない。

 

お風呂読書の良い点

読書時間を作れる

忙しくて読書時間を取る事が難しい方もいると思いますが、私の様に毎日浴槽に浸かる習慣がある人ならばその時間を有効活用できます。読める量が一気に増えました。

お風呂での暇つぶしになる

私は20分以上は浴槽に浸かっているので暇になります。ぼーっとしてるのも好きですがたまに手持ち無沙汰になってしまう。そこで読書が役立ちます。(ジップロックにスマホを入れていじったりでもいいですが)

汗を大量にかける

何カロリーくらい消費してるのかと思うほどめちゃめちゃ汗をかきます。美容にも効果的だと思います。(無理は禁物!)

集中できる

お風呂場という環境は精神が落ちついて読書に集中する事ができます。お湯に浸かる事でリラックスできているのでしょうね。

 

普段シャワーしか浴びない人は、ぜひ読書をするために浴槽に浸かるという逆転の発想で試してみてほしいと思います。お風呂に浸かるのメリットも多いですよ。

 

全く関係ないですが、、温泉行きたいなぁ。

 

 

広告を非表示にする